本文へスキップ

タラソテラピーのアルガ・アイは○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

グリチルリチン酸2K配合美白化粧水HEADLINE

気づかないうちに黒ずんだ老化肌に!


美白効果のある化粧水等コスメをお求めの女性は、以前にもまして増えてきているようです。日本だけでなく、東南アジアでの美白化粧品の人気は、ますます上昇傾向にあるようです。くすみのない白いお肌への憧れは、永遠に続くかもしれません。

さて、美白化粧品のうちでもっとも注意すべき点は、その美白化粧水等コスメにグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム/GKU)が配合されていないかの点です。この化粧品成分は水溶性であるために、化粧水や石鹸などに配合されます。クリームの場合は脂溶性の、グリチルレチン酸ステアリルが、よく配合されることとなります。いずれも甘草由来の薬効成分です。

これらの化粧品成分が配合されたコスメをお肌に塗布した後に、血の気が引いたように美白されるのであれば、それはグリチルリチン酸2Kがよく効いている証拠です。血流が低下して肌代謝が落ちるため、使い続けることによってお肌は確実に、美しさを失いくすみます。新しい肌細胞が生まれにくくなるばかりか、老廃物等の汚いものをお肌にため込むことになるわけです。いわば、お肌の便秘です。

そしてこのグリチルリチン酸2Kには、お肌から若々しさを奪い、ハリのない脆く老化したお肌に導きます。このメカニズムは簡単にご説明させて頂くと、必要もないのにグリチルリチン酸2Kが肌内部の血糖値を無駄に上昇させて、行き場を失った糖が肌細胞と結びつき、メイラード反応を起こして最終糖化産物(AGEs)を作ってしまうわけです。この状態は糖尿病患者さんのお肌と同じです。(詳細はアルガ・アイ メインサイト内の記事

以上の2つの点に関しては、グリチルリチン酸2K配合美白コスメの使用を中断することにより、ある程度回復するかもしれません。しかし取り返しのつかないことも発生するのが、このグリチルリチン酸2K配合コスメの怖いところです。とくに薬用美白化粧水等の医薬部外品は、要注意でしょう。

グリチルリチン酸2Kのもっとも恐ろしい点は、抗アレルギー作用と抗炎症作用がある点です。何らかの目的でもってこれらの作用を必要とするのであれば、それはそれでよいことだと思います。しかし注意すべき点は、これらの作用があるということは、免疫抑制作用があるということです。すなわち、生命維持機能が、スイッチオフとなってしまう点です。

いったんスイッチオフになってしまうと、コスメに配合されているアレルギー物質も、炎症が生じることなく経皮摂取されてしまうこととなります。それが具現化したのが、あのロドデノール白斑事件や、加水分解コムギアレルギー事故です。とくに小麦アレルギー事故の場合は、アナフィラキシーショックを起こした例もあったようで、最悪は死亡事故にもつながるということです。(詳細はアルガ・アイ メインサイト内の関連記事

お肌がまだらになってしまっては、賠償金を得ることができたとしても、誰もそれ以上の責任をとってくれません。またアナフィラキシーショックで不幸にも死亡された場合も、誰も責任をとって生き返らせてはくれません。そういうわけで、美白化粧水等美白化粧品のご使用には、慎重さが求められるわけです。